沿革

  • 1903年

    初代社長 神原勝太郎が帆船を3隻購入し、海運業を興す。

  • 1943年

    瀬戸内海船舶株式会社設立。

  • 1948年

    本社を東京に移し、神原汽船株式会社に社名変更。
    鋼船「損保川丸」を購入し、木造船から鋼船への切り替えを始める。

  • 1956年

    新造第一船「第五天社丸(鋼船)」を発注。

  • 1967年

    初の遠洋船”天勝丸”を常石造船に発注。

  • 1969年

    高速ライナー船”天孝丸”を建造。

  • 1978年

    神原マリン株式会社設立。
    自動車専用船”天神丸””常神丸”を建造。多目的貨物船”天代丸”を建造。

  • 1982年

    新造自動車船においてハイスキュープロペラを採用。

  • 1983年

    セミコンテナ船による、東南アジア/ミクロネシア航路を開設。

    世界最大の冷凍貨物船”ANNE B””BETTY B”を建造。
    常石造船と協力して、4万トンの撤積船(TESS40)を開発し
    ハンディマックスバルクという船種を確立。

  • 1984年

    DOLPHIN PACIFIC (SAIPAN) INC. 設立。

  • 1986年

    フルコンテナ船”ASTRO PROSPERITY”を建造。
    11万トンのケープサイズバルク”あいむいでん丸”を建造。

  • 1994年

    合弁で、日中間に定期コンテナ航路を開設。

  • 1995年

    本社を広島県沼隈町に移し、東京を支店とする。

  • 1997年

    フィリピン/セブ島(THI)にて2万3千トンの撤積船を3隻連続建造。

  • 2000年

    15万トンの電力用石炭専用船”TSUNOMINE”を建造。

  • 2002年

    日中間の定期コンテナ航路を単独で開始。

  • 2003年

    独資会社、神原汽船(中国)船務有限公司を中国に設立。

  • 2004年

    天津・寧波に事務所を設立。

  • 2005年

    神原汽船(中国)船務有限公司 大連・青島分公司 設立。
    広島・小樽・南京に事務所を設立。

  • 2006年

    神原汽船福山物流センター営業開始。
    上海神原国際貨運有限公司 設立。

  • 2007年

    関連会社10社と合併し、
    ツネイシ ホールディングス株式会社神原汽船カンパニーとなる。

  • 2008年

    RCL(Regional Container Lines)と協調で東南アジア・インド・中東サービス網を拡大。

  • 2011年

    ツネイシホールディングスの分社化により、神原汽船株式会社となる。

  • 2012年

    神原汽船福山物流センター第2倉庫落成式開催。
    小樽/中国定期コンテナ航路開設10周年。

  • 2013年

    新造船の自社コンテナ船 “VEGA SKY” / “ALTAIR SKY” 就航。

  • 2015年

    定期コンテナ航路のe-Service開始

  • 2016年

    HASCO(SHANHAI HAI HUA SHIPPING)と協調で台湾航路を強化。

  • 2017年

    新造船の自社コンテナ船
    “SCARLET ARROW”/”CRYSTAL ARROW”/”ORIENTAL ARROW”就航。

  • 2019年

    LR1型プロダクト/ケミカルタンカー竣工。

  • 2020年

    2800TEU型コンテナ船竣工。

  • 2022年

    新造船の自社コンテナ船
    “SUSTAINABLE EARTH/ HARMONIZED EARTH”就航。